シリーズ 『中東和平は可能か?』 /字からみるイスラエルとパレスチナ

2019.04.04 Thursday

0

     

    NPO法人中東平和フォーラムは平成29年9月13日(水)参議院議員会館B107号会議室において『中東和平は可能か?』と題しHod Ben Zvi氏特別講演会を開催した。
     

     

    Hod Ben Zvi氏

    The Jerusalem Forum for Peace and Security代表

     

    Hod Ben Zvi氏は、長年イスラエルでの宗教協力と和合に取り組み、ユダヤ人として困難なイスラエル・パレスチナ和平に尽力されてきた。講師は中東和平のプロセスについて、過去の成功例と失敗例からの教訓として「指導者による決断が重要であるとともに民間の交流が伴わなければならない。なぜなら和平プロセス実現問題の核心は両者の感情問題だ」と指摘し、解決策は様々な分野における和解と交流が行われることとし、和平プロセスはイスラエルとパレスチナが互いの価値観を認め、相互依存、共存共栄の関係を構築していくことだ、と強調した。

     

    〜講演内容〜

     

    イスラエル・パレスチナ問題のバックグラウンド、歴史的な経緯について少し話したいと思います。まず、この紛争というものは一体何なのかということを理解していただきたいと思います。

     

    またこの紛争を解決しようと試みてきた幾つかの試みについても説明したいと思います。その試みの中で、幾つかはうまくいきませんでした。いわゆる失敗したケース、それから成功したケースもあります。それらを踏まえて私たちは今新しいアプローチを必要としております。その中ですでに始めた、または始まっているアプローチについて話したいと思います。

     

    ♦中東、イスラエルとパレスチナ地域

     

     

    中東と言いますけれどそれはどこか?この地図で見てわかるようにまさしく中東、真ん中にあるところですね。

    ただ人によって範囲が少し異なります。オレンジ色のところが伝統的ないわゆる中東という地域です。西にはエジプト、南にはサウジアラビア、北にはトルコ、イラク、そういったところがあります。

     

    しかし拡大された解釈では、北アフリカ、それから東の方ではアジアの一部も含んでおります。これら全体の地図の中で、今問題にしているイスラエルとパレスチナというのは本当にごく小さな地域です。

     

     

    ♦イスラエルとパレスチナの実勢

     

    イスラエルとは何か、パレスチナとは何か、ということをあまり細かく考え出すとかえって混乱の元になります。というのは全てが進行中で、変化していくものですから、どこがイスラエルでどこがパレスチナであるかとかは固定ではなく流動的なものです。

     

     

    日本の場合、長い歴史を通じてここまでが日本ですといった境界線がはっきりしていると思います。

    イスラエルとパレスチナを比べて大体どういう比率になっているかを見てみましょう。

     

    数字をベースにフィーリングとしてわかって欲しいのです。

    人口から言いますとイスラエルは870万人、パレスチナ側は480万人です。しかしながら実際には、この870万人のイスラエルの人口には150万人のアラブ人、パレスチナ人が、イスラエル人として含まれていますから、実際の人口の比率は本当に均衡しています。

     

    このイスラエル内にいる150万人のアラブ人というのは非常に重要な要素でありまして、彼らはあらゆる面でイスラエル市民としての権利を持っておりますが,内面的には自分はパレスチナ人でありアラブに属するのだといった意識も持っています。

     

    この150万人のアラブ人というものが、私は非常に重要であると考えております。彼らによってイスラエルとアラブ・パレスチナの間に橋をかけてくれる、つまり橋渡しとしての役割を果たすことになると期待しているからです。

     

    面積から言いますとイスラエルは21,000平方キロメートル、パレスチナ側はガザと二つに分かれておりますがガザの方は360平方キロメートル、ヨルダン川西岸の方は、5,800平方キロメートルです。

     

    もっと大きな違いは、一人当たり平均のGDPの数字がイスラエル側は33,800ドル、

    それに対してパレスチナ側の一人頭の平均GDP2,000ドルですね。

    これらの数字をあげた理由は、紛争の大きな理由の一つが、まずこの経済格差ということだからです。

     

    中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html

     

    おすすめの映画:『パラダイス・ナウ』

    2019.03.30 Saturday

    0

      おすすめの映画:『パラダイス・ナウ』

       

      この映画は、パレスチナ系イスラエル人のハニ・アブ・アサド監督による2005年のフランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ合作映画です。

       

       

      パレスチナ自治区・ヨルダン川西岸地区の町ナブルスを舞台に、自爆テロに向かう、サイードとハーレドという二人のパレスチナ人の青年の苦悩と葛藤を描いています。

       

      裏切り者を父親に持つ主人公サイードと英雄の娘スーハとの恋愛感情を描き、パレスチナ人から見たパレスチナ問題が非常にリアルに描写されています。

       

       

      パレスチナの占領地の現実が、これまでにないほど正確に、ていねいに、そして誠実に描かれており、一般に、自爆テロリスト=狂信者(理解不能の人)で、片付けられておしまいなところを、彼らの内面(誰もが共通に持っている)の世界、置かれた環境や背景が描かれ、自爆テロの標的でもあり被害者の立場にあるイスラエルでも上映されるようになった作品です。

       

      中東の最も難しい問題の中の一つがこのイスラエルパレスチナ問題ですが、第三者の目線ではなく、当事者たちの目線から作られたこの作品は正しい中東情勢の理解にきっと役立つのではないかと思います。是非一度ご覧ください。

       

      映画予告編

      https://www.youtube.com/watch?v=peMaGprkxy8

       

       

       

       

       

      中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

      http://www.mepf.jp/contact/index.html

       

      Ziv Medical Centerの支援はこちらから

      http://www.mepf.jp/donation/index.html

       

       

      シリーズ 中東平和研修ツアーに参加して 宗教の街エルサレム

      2019.03.29 Friday

      0

        ダニエル医師からZiv Medical Centerの説明を受ける

         

         4日目はお世話になったナザレの友人と別れを告げ、今回の主目的であるZiv Medical Centerに向かいました。

        今回は元軍医で、頭部への銃撃で損傷を受けた際の手術を専門とするダニエル医師がZiv Medical Centeの施設概要及びシリアからの重症患者を受け入れるに至った経緯、および最近ダニエル医師が手掛けた事例等の説明を詳しく話して下さいました。

         

        病院の説明を受けるツアー参加者一同

         

        顔に銃弾が残ってしまった事例

         

        人種、宗教を超えて敵国の市民を治療し続ける病院の方針に改めて感動しました。

         

         Drの詳しい説明の後に、日本から持参した支援金をダニエル医師にお渡しし病院を後にしました。この日は北側のナザレ・ガリラヤ地方の旅程を終え、エルサレムに移動しました。

         

        寄付金を贈呈しました

         

        ヌリッツ博士(ヘブライ大学宗教教育史)による旧市街の説明

         

        5日目はヘブライ大学で宗教教育氏の博士号を取得した現地スタッフであるヌリッツ女史のガイドで旧市街を訪問し主な観光の要所を訪ねました。

        ユダヤ教のラビの手伝いもしていた事のあるヌリット女史のガイドでユダヤ教の聖地、西の壁(嘆きの壁)やイエス様が十字架を担いで歩かれたヴィア・ドロローサ(十字架の道行き)、ゲッセマネの園やオリーブ山を訪問しました。ユダヤ教の歴史・考古学の知識を多く含む、通常のガイドから聞く事が出来ない興味深い話を聞く事が出来ました。

         

         

        嘆きの壁

         

        ゴルゴダの丘 イエス様の十字架を立てた穴がある

         

        オリーブ山から見たエルサレム 足元に見えるのは無数のお墓 ここは墓地の一等地

         

        イスラエル国家認定観光ガイド佐々木宏二氏によるガイド

         

        6日目は、佐々木氏のガイドでヤド・バシェム(ホロコースト追悼館)を訪問しました。

        ヤド・バシェムには、聖書のイザヤ書565節に由来する「記録せよ忘れるなかれ」と刻まれています。館内ではその名の通り、ユダヤ人がどの様にしてナチスから迫害を受け600万とも言われる犠牲者の命が失われていったのかその経緯が、冷静に様々な展示物を示しながら淡々と紹介されています。

        そしてドイツの敗戦と解放を経てイスラエル建国に至る経緯が紹介され、最後に犠牲者一人一人の名前を保存するホールがありおびただしい犠牲者の写真が展示されていました。

         

        ホロコースト被害者の写真と記録

         

        世界中の人々からユダヤ人が見捨てられるなか、杉原千畝氏を始めとする数十名の日本人の手に依って、多くのユダヤ人の命が救われた事実を佐々木ガイドより詳しく学びました。

        追悼館に続く敷地には「異邦の中の義なる人」として認定された人々を顕彰した木が植えられており、杉浦千畝氏の木もありました。

         

        杉浦千畝を記念した記念樹

         

         

         

        この日午後は死海方面へ出かけました。

        初めに訪れたのは第一次ユダヤ戦争の際に、ローマ軍に対抗するユダヤ軍が立て籠もって抵抗したマサダの砦です。ヘロデ王が建てた死海から聳え立つこの砦は非常に堅牢で、ユダヤ人たちは、周囲を包囲した15千のローマ軍に対し二年も籠城して抵抗しました。

        しかし、この戦いもA.D73年(砦の陥落前日籠城したユダヤ人たちの中で史実を語り継ぐ為に生き延びた数名を除き)全員集団自決で幕を閉じます。現在でもこの地はユダヤ人の聖地となって居ます。

          

        世界遺産マサダ

         

        今回のツアーの最後は一同で死海浮遊体験を楽しみ名残を惜しみながら6日間のイスラエルでの中東平和研修の全プログラムは終了しました。

         

            

        死海にて

         

         

        中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

        http://www.mepf.jp/contact/index.html

         

        Ziv Medical Centerの支援はこちらから

        http://www.mepf.jp/donation/index.html

         

         

         

        シリーズ 中東平和研修ツアーに参加して 2000年前のイエスの痕跡をたどる

        2019.03.26 Tuesday

        0

           

          三日目はイスラエル公認の日本人ガイド佐々木氏の案内でガリラヤ湖周辺の観光を行いました。

          最初の訪問地は最近開所した『マグダラ・センター』で、今回のツアーでも参加者の印象に強く残った場所の一つでした。本来ここは2004年教皇庁立ノートルダム研究所エルサレム・センターの責任者ファン・マリア・ソラナ神父が、巡礼者の宿泊や会合が出来る施設をガリラヤ地方に建設する構想から始まったものです。

           

          マグダラ・センター

           

          しかし、いざ建設が始まると、2009年、ガリラヤ地方では初めて、イスラエル全土でも僅か数例しか発見されていない、第二神殿時代(紀元前516年〜紀元70年)のシナゴーグが建設予定地から発見されました。更にイエスが活動していた紀元29年のコインも出て来たため、建設を大幅に延期しシナゴーグやミクベ、市場跡の発掘を優先して来ました。

           

          紀元前516年〜紀元70年頃のものと思われるシナゴーグ遺跡

           

           

          日本語の通訳をしてくださるイスラエル公認ガイドの佐々木氏

           

           

          10年弱の発掘調査の末、今年遺跡の発掘が終了したことを機に、宿泊施設等は建設途中のまま開所に踏み切ったばかりという場所です。

          マタイによる福音書(4章23節)に「イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた」と記されています。発掘が進むにつれこの場所は、当時1万人ほどの人口を抱える小都市マグダラであると証明されました。正にこの発掘されたシナゴーグでは、聖句の如くイエス様が足を踏み入れた可能性があると言われていました。

           

          2000年前の石畳イエス様が足を踏み入れた可能性があると言われている 

           

          この日は偶然所長のソラナ神父が直接説明して下さる幸運に恵まれ、ガリラヤのこの地をイエス様が宣教の地と選んだ歴史的な背景を二時間以上もかけて説明して下さいました。

           

           

          その後、イエス様が山上の垂訓を語られた事を記念して建てられた山上の垂訓教会、説教を聞きに来た群衆5000人に奇跡を起こして食事を与えたパンと魚の奇跡の教会、ペテロの舅の家があったと言われるカフェナウムを佐々木氏のガイドで訪問し、イエス様がガリラヤの地で生き生きと宣教をしていた様子に思いをはせました。この日の夜は正教会に通うクリスチャンの家で食事を御馳走になりました。

           

          山上の垂訓教会

           

          山上の垂訓の様子を描いたもの

           

           

          美しいガリラヤ湖

           

           

          中東平和研修ツアーに関する各種お問い合わせはこちらから

          http://www.mepf.jp/contact/index.html

           

          Ziv Medical Centerの支援はこちらから

          http://www.mepf.jp/donation/index.html

           

          ゴラン高原に関する中東平和フォーラムの分析と見解

          2019.03.26 Tuesday

          0

             

            Newsweek
             https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/post-11871.php

             

            〈内容〉
            ドナルド・トランプ米大統領は3月21日、イスラエルがシリアから奪って占領しているゴラン高原について、イスラエルの主権を認めるとツイッターで表明した。


            それは、前日にイスラエルを訪問していたマイク・ポンペオ米国務長官が、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した直後の表明だった。トランプは2017年12月にエルサレムをイスラエルの首都と認定し、2018年5月に米大使館をテルアビブからエルサレムに移転させるなど、これまでもイスラエル寄りの政策をとってきた。


            「(イスラエルがゴラン高原を占領した1967年から)52年がたち、アメリカがゴラン高原におけるイスラエルの主権を全面的に認める時がきた。イスラエルと中東の安定にとって戦略上も安全保障上も極めて重要だ!」と、トランプは3月21日早朝にツイートした。


            イスラエルの右派政党「リクード」の党首を務めるネタニヤフは今後、3件の汚職疑惑で起訴される可能性があり、4月9日のイスラエル総選挙で苦戦を強いられている。ネタニヤフは3月25〜26日に訪米してホワイトハウスでトランプと首脳会談を行うことが、すでに発表されている。それに先立つトランプの承認表明には、ネタニヤフ再選を助ける意図がある。
             

            オバマは会談を拒否


            トランプと対照的なのがバラク・オバマ前米大統領だ。オバマは2015年3月、イスラエル総選挙の前にネタニヤフと首脳会談を行うのを拒否してこう言った。「アメリカが選挙介入や自国に有利な援護射撃を行っているなどと疑われないよう、首脳会談は選挙から十分に離す必要がある」
            だがトランプは、親密な関係にあるネタニヤフへの援護射撃を憚らない姿勢を示した。たとえその対象が、長期にわたって激しい領有権争いが続いているゴラン高原だとしても。


            ネタニヤフはこうツイートした。「イランがシリアを拠点にイスラエルの破壊を狙っている時に、トランプ大統領は果敢にも、ゴラン高原でのイスラエルの主権を認定してくれた」「ありがとう、トランプ大統領!」


            ゴラン高原はシリア南西部に位置する約1200平方キロの土地。東に60キロ離れたシリアの首都ダマスカスやヨルダン川流域を見渡せるため、軍事戦略上重要な拠点。1967年の第3次中東戦争で、シリア領だったゴラン高原をイスラエルが占領。1981年に一方的に併合したが、アメリカを含む国際社会は現在までイスラエルの主権を認めてこなかった。
             
            ゴラン高原は砂漠地帯としては珍しい肥沃な土地で知られ、貴重な水資源を持ち、イスラエルの水供給の3分の1をカバーする。イスラエルにとっては、シリア軍の動きを監視・反撃するための重要拠点にもなっている。
             
            現在、およそ30の入植地が建設され、約2万人のユダヤ人入植者が暮らす。専門家の推計によれば、約2万人のシリア人も暮らすが、その大半はシリアでは少数派のイスラム教ドルーズ派の住民で、シリア政府と対立関係にあると見られている。イスラエル国籍も拒否して無国籍になった者もいるという。


            ロシアのクリミア併合も認めることになる
            トランプの表明には、軍事的な懸念も浮上している。イスラエルは今年に入ってシリア国内にある宿敵イランの複数拠点を攻撃するなど、周辺国との情勢が不安定になっている。その最中、トランプの発言に挑発されたシリアやロシア、イランがイスラエルへの包囲網を狭め、イスラエルを攻撃でもすれば、中東情勢が大きく複雑化する恐れがある。


            さらに、ロシアによる一方的なクリミア半島併合を批判してきたアメリカの立場も傷つく。「(トランプがゴラン高原でイスラエルの主権を認めれば)武力併合は違法とする国際法の原則に基づいて、アメリカがロシアを批判していくことが今後は難しくなる」と、米シンクタンク「センター・フォー・ア・ニュー・アメリカン・セキュリティ(CNAS)」で中東の安全保障ディレクターを務めるイラン・ゴールデンバーグはツイートした。「アメリカは立場を失い、ロシアがそれを逆手に取るはずだ」


            トランプのツイートは、米政府による承認の具体的な措置に触れていない。だが総選挙を控えたネタニヤフが有権者の支持を取り戻すには、大きな追い風だ。
            (翻訳:河原里香)

             

            ゴラン高原

             

             

            ♦中東平和フォーラム 主任研究員の分析と見解


            トランプ大統領のツィート「(イスラエルがゴラン高原を占領した1967年から)52年がたち、アメリカがゴラン高原におけるイスラエルの主権を全面的に認める時がきた。イスラエルと中東の安定にとって戦略上も安全保障上も極めて重要だ!」をみてみましょう。


            先ず、第三次中東戦争から52年経ち、これは重い歴史である。その後第4次中東戦争、第5次中東戦争(レバノン内戦)が有ったことは事実であるが、その内容は第3次までとは異なり、中東戦争と言われないのが一般的である。特にシリアゴラン高原を注目して観ればこの52年間に戦争は起こっていません。

            ことにイスラエル対アラブという構図での戦争は起こっていません。
            このことに加えて、イスラエルとエジプトは対IS(ISシナイ州)をメインとする軍事協力が強化されつつあるのが現状であり、サウジも対IS、対ヒズボラ、対イラン革命防衛隊ではアメリカとの軍事協力を推し進めています。つまり過去の中東戦争のようなイスラエル対パレスチナ・アラブ諸国連合の対立構図は消滅したと言えるでしょう。


            したがってゴラン高原問題をどう解決していくべきか、については1967年時の国連決議にこだわり続ける必要性は薄れてきていることは否めません。

            当事者国と言うべきイスラエル、シリア、レバノン、ヨルダンがどのように考えているかを優先すべきで、アメリカ、ロシア、イランの思惑が強く働くことは平和解決を遅らせることになると思われます。


            そういう意味ではニューズ・ウィークの題名「トランプのツイートはロシアやイランを挑発し、中東情勢が一気に不安定化する危険を孕む」は執筆者の大国主義的観念の中東構図から書かれたように感じられます。
            私はトランプ大統領のツィートがロシアやイランを挑発し、中東情勢が一気に不安定化する危険を孕む、とは言い難いのではないかと考えます。 ー主任研究員IK−

             

             

            各種お問い合わせはこちらから

            http://www.mepf.jp/contact/index.html

             

            Ziv Medical Centerの支援はこちらから

            http://www.mepf.jp/donation/index.html