中東国家の理解 レバノン編 4.パレスチナ解放機構(PLO)の流入で複雑化したレバノン情勢

2019.04.29 Monday

0

    1958年にはアラブ民族主義の台頭を背景にレバノン国内でイスラム教徒による内乱 が発生する。しかしこの時はアメリカ海兵隊が派遣されてすぐに鎮圧された。

     

    だが事態はさらに悪化する。度重なる中東戦争(イスラエルとパレスチナの戦い)、さらに1970年に発生したPFLP旅客機同時ハイジャック事件をきっかけにヨルダンではパレスチナ解放機構(PLO)を追放する動きが発生する。

     

      

     パレスチナ解放機構(PLO)        イスラエル、ヨルダンとレバノンの位置関係

     

     

    これによって多数のパレスチナ難民(イスラム教スンニ派)がレバノン国内に流入。

     

    イスラム教徒数の急激な増加によってレバノン国内の政治バランスが崩れ始めた。

     

    国内に国軍以上の軍事力を持つパレスチナ難民が存在しているという状況に、政権を握っているキリスト教マロン派からは懸念が示され、武力闘争によって難民を追放しようという動きも出てきた。

     

    しかし強力な武力を持つPLOがレバノン国内に流入した結果、流血の事態を恐れたレバノン政府は、PLOに対して自治政府なみの特権を与え、イスラエルへの攻撃も黙認する事となった。

     

     

      

    PLOのゲリラ達

     

    これは当初、PLOと政府の間で極秘に取り交わされたが、マスコミに暴露された結果、レバノン社会、特にキリスト教マロン派に衝撃を与えた。

     

    このレバノンとPLOの協定の結果、レバノン南部にPLOの支配地域が確立。

     

    レバノン国軍にPLOを押さえ込む力が無かったがための措置だったが、イスラエルには明確な敵対行動としか映らなかった。

     

    イスラエルは空軍及び特殊部隊を用いて南レバノンやベイルートを攻撃。

    当時のレバノンは一定の空軍力を保有していたが、政治力学的にレバノン国軍はこれに報復する事はできなかった。

     

    一方、イスラエルに反撃できないレバノン政府の姿勢はレバノン国内外のイスラム教徒の怒りを買う事となった。

     

     

    結果、優位保守を主張するキリスト教マロン派と、政治力強化を欲するイスラム教信者・パレスチナ難民との間で対立が激化する。

     

    キリスト教マロン派はアメリカ・ソビエト連邦から様々な重火器を調達し、既存の民兵組織を強化した。

    また、イスラム教徒もPLOやシリアから軍事支援を受け入れ、アマル(シーア派)やタウヒード(スンナ派)といった民兵組織を構築していった。

     

    高級なリゾートホテルが立ち並ぶベイルート港に、次々に新品の軍用車両や火砲が荷上げされるという不気味な風景が1970年代前半に数多く見られる中、1975年に内戦に発展した。

     

     

    5月19日はレバノンが舞台の中東映画会です! 入場無料‼

     

    〜以下案内〜

     

    中東平和フォーラム定例会

    中東映画勉強会

    〜Lebanon(レバノン)〜 

          

    『判決、ふたつの希望』

     

     

     

    ジアド・ドゥエイリ監督・共同脚本による2017年のレバノン映画。

    第74回ヴェネツィア国際映画祭カメル・エル・バシャが男優賞を獲得。

    第90回アカデミー賞外国語映画賞にレバノン代表作として出品、ノミネート

    2018年8月日本公演で大ヒット。

    日時  5月 19日(日)

       18:15  開会     

    18:30  上映開始

      20:30  解説、懇談

     

    入場:無料

    会場 日本橋公会堂

    2階 第三第四会議室

    裏面に案内図があります

     

    皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

    *参加される方は 小林(090−3963−9698)までご連絡ください

    主催:特定非営利活動法人中東平和フォーラム

    電子メール:info@mepf.jp
    電話: 03-3249-2443
    電子メール:info@mepf.jp

     

     

     

    新しい感動を受けるほど、人間関係を理解するのに役立つ映画。
    とてもしっかり作られていて感動しました。 ★★★★★  〜映画.COM〜

     

    見なきゃいけない映画だと思うし、観るべき価値もあった。
    対岸の火事ではなく、誰もが抱えるであろう火種の話でもあった。
    アカデミー作品賞を撮って欲しいとさえ思う。 ★★★★★  〜映画.COM〜

     

    中東の紛争の中で、奇跡的に前進していくレバノンの歴史や個人の尊厳がスリリングに描かれていました。
    よくもこんなに整理して、しかも面白く作ったなと感嘆させられました。
    日本人も気になる、他国とどう向き合って行くか考える参考になります。オススメです。 

    ★★★★★  〜Yahoo映画〜

     

     

     

     

     

    前回までの記事はこちらから

    http://mepf.jugem.jp/

     

    中東平和フォーラムに関する各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html

     

     

    コメント
    コメントする