シリーズ 『中東和平は可能か?』 6.ソフトパワーの重要性

2019.04.12 Friday

0

     

    ♦最も越えがたい感情の壁

     

    失敗した事例と成功した事例の両方を比べて学んで、これからのアプローチを考えていきたいと思います。

     

    明確に言えることは、「今はソフトパワーを発揮する時である」ということです。

     

    ソフトパワーが必要だからといって政治的な力が必要ないというのではありません。

     

    国境問題、難民問題、エルサレムの帰属の問題という政治的な問題、これは今後も継続して論議していかなければなりません。

     

    しかしみなさん驚かないでください。

     

    こういった問題は既に言葉の上では解決済みです。

     

    国境線をどうするだの難民をどうするだの、エルサレムの帰属をどうするなど、これらは実はすべて、既に合意済みの事項なのです。

     

    一番の問題は、国民自体が本当に和解しよう、そして共に生きてゆこうという決断がだけが残っているのです。

     

    問題の核心は、理論とか合理性とかそう言った事ではなく我々の心の中核にある感情問題です。その感情問題がこじれて問題になっているのです。

     

    お互いが共に生きてゆこうという強い感情にどのようにしてたどり着く事ができるかが問題の核心です。

     

    ♦文化交流から始まる相互理解

     

    勿論この心の領域には宗教が深くかかわっていますから、両者の宗教の指導者や宗教人たちがお互いの理解を高めるという事、文化の交流を通して人と人とが本当に深く交わるという事が大切です。これらのことを私達は力を入れて行なってきました。

     

     

    この写真、これはイスラエルの伝統的な笛をアラブの子供たちが吹いている場面です。

     

    他にもこのような民間レベルでイスラエルとアラブの交流を試みてきた私たちの活動の何百という写真があります。

     

     

     

    これはパレスチナのラマラでの地元の有力者達との会合です。

     

    継続的に交流を続けていこうという事で現在でも頻繁に話し合いが持たれています。

     

    このパレスチナ側の文化省の局長だった女性は継続的にイスラエルとの文化交流を持っています。

     

     

     

    これは、今年6月に行いました平和議員連盟の写真です

     

    イタリア・サンマリノ、ウクライナ、トルコなど各国の国会議員が集まりましてイスラエル・パレスチナの平和議員連盟の立ち上げをプロモートした時の写真です。

     

    イスラエルとパレスチナの国会議員達の交流をメインとしながら関係国の国会議員との交流の場を広めてゆくためです。

     

     

    前回までの記事はこちらから

    http://mepf.jugem.jp/

     

    中東平和フォーラムに関する各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html

     

    コメント
    コメントする