ゴラン高原に関する中東平和フォーラムの分析と見解

2019.03.26 Tuesday

0

     

    Newsweek
     https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/post-11871.php

     

    〈内容〉
    ドナルド・トランプ米大統領は3月21日、イスラエルがシリアから奪って占領しているゴラン高原について、イスラエルの主権を認めるとツイッターで表明した。


    それは、前日にイスラエルを訪問していたマイク・ポンペオ米国務長官が、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した直後の表明だった。トランプは2017年12月にエルサレムをイスラエルの首都と認定し、2018年5月に米大使館をテルアビブからエルサレムに移転させるなど、これまでもイスラエル寄りの政策をとってきた。


    「(イスラエルがゴラン高原を占領した1967年から)52年がたち、アメリカがゴラン高原におけるイスラエルの主権を全面的に認める時がきた。イスラエルと中東の安定にとって戦略上も安全保障上も極めて重要だ!」と、トランプは3月21日早朝にツイートした。


    イスラエルの右派政党「リクード」の党首を務めるネタニヤフは今後、3件の汚職疑惑で起訴される可能性があり、4月9日のイスラエル総選挙で苦戦を強いられている。ネタニヤフは3月25〜26日に訪米してホワイトハウスでトランプと首脳会談を行うことが、すでに発表されている。それに先立つトランプの承認表明には、ネタニヤフ再選を助ける意図がある。
     

    オバマは会談を拒否


    トランプと対照的なのがバラク・オバマ前米大統領だ。オバマは2015年3月、イスラエル総選挙の前にネタニヤフと首脳会談を行うのを拒否してこう言った。「アメリカが選挙介入や自国に有利な援護射撃を行っているなどと疑われないよう、首脳会談は選挙から十分に離す必要がある」
    だがトランプは、親密な関係にあるネタニヤフへの援護射撃を憚らない姿勢を示した。たとえその対象が、長期にわたって激しい領有権争いが続いているゴラン高原だとしても。


    ネタニヤフはこうツイートした。「イランがシリアを拠点にイスラエルの破壊を狙っている時に、トランプ大統領は果敢にも、ゴラン高原でのイスラエルの主権を認定してくれた」「ありがとう、トランプ大統領!」


    ゴラン高原はシリア南西部に位置する約1200平方キロの土地。東に60キロ離れたシリアの首都ダマスカスやヨルダン川流域を見渡せるため、軍事戦略上重要な拠点。1967年の第3次中東戦争で、シリア領だったゴラン高原をイスラエルが占領。1981年に一方的に併合したが、アメリカを含む国際社会は現在までイスラエルの主権を認めてこなかった。
     
    ゴラン高原は砂漠地帯としては珍しい肥沃な土地で知られ、貴重な水資源を持ち、イスラエルの水供給の3分の1をカバーする。イスラエルにとっては、シリア軍の動きを監視・反撃するための重要拠点にもなっている。
     
    現在、およそ30の入植地が建設され、約2万人のユダヤ人入植者が暮らす。専門家の推計によれば、約2万人のシリア人も暮らすが、その大半はシリアでは少数派のイスラム教ドルーズ派の住民で、シリア政府と対立関係にあると見られている。イスラエル国籍も拒否して無国籍になった者もいるという。


    ロシアのクリミア併合も認めることになる
    トランプの表明には、軍事的な懸念も浮上している。イスラエルは今年に入ってシリア国内にある宿敵イランの複数拠点を攻撃するなど、周辺国との情勢が不安定になっている。その最中、トランプの発言に挑発されたシリアやロシア、イランがイスラエルへの包囲網を狭め、イスラエルを攻撃でもすれば、中東情勢が大きく複雑化する恐れがある。


    さらに、ロシアによる一方的なクリミア半島併合を批判してきたアメリカの立場も傷つく。「(トランプがゴラン高原でイスラエルの主権を認めれば)武力併合は違法とする国際法の原則に基づいて、アメリカがロシアを批判していくことが今後は難しくなる」と、米シンクタンク「センター・フォー・ア・ニュー・アメリカン・セキュリティ(CNAS)」で中東の安全保障ディレクターを務めるイラン・ゴールデンバーグはツイートした。「アメリカは立場を失い、ロシアがそれを逆手に取るはずだ」


    トランプのツイートは、米政府による承認の具体的な措置に触れていない。だが総選挙を控えたネタニヤフが有権者の支持を取り戻すには、大きな追い風だ。
    (翻訳:河原里香)

     

    ゴラン高原

     

     

    ♦中東平和フォーラム 主任研究員の分析と見解


    トランプ大統領のツィート「(イスラエルがゴラン高原を占領した1967年から)52年がたち、アメリカがゴラン高原におけるイスラエルの主権を全面的に認める時がきた。イスラエルと中東の安定にとって戦略上も安全保障上も極めて重要だ!」をみてみましょう。


    先ず、第三次中東戦争から52年経ち、これは重い歴史である。その後第4次中東戦争、第5次中東戦争(レバノン内戦)が有ったことは事実であるが、その内容は第3次までとは異なり、中東戦争と言われないのが一般的である。特にシリアゴラン高原を注目して観ればこの52年間に戦争は起こっていません。

    ことにイスラエル対アラブという構図での戦争は起こっていません。
    このことに加えて、イスラエルとエジプトは対IS(ISシナイ州)をメインとする軍事協力が強化されつつあるのが現状であり、サウジも対IS、対ヒズボラ、対イラン革命防衛隊ではアメリカとの軍事協力を推し進めています。つまり過去の中東戦争のようなイスラエル対パレスチナ・アラブ諸国連合の対立構図は消滅したと言えるでしょう。


    したがってゴラン高原問題をどう解決していくべきか、については1967年時の国連決議にこだわり続ける必要性は薄れてきていることは否めません。

    当事者国と言うべきイスラエル、シリア、レバノン、ヨルダンがどのように考えているかを優先すべきで、アメリカ、ロシア、イランの思惑が強く働くことは平和解決を遅らせることになると思われます。


    そういう意味ではニューズ・ウィークの題名「トランプのツイートはロシアやイランを挑発し、中東情勢が一気に不安定化する危険を孕む」は執筆者の大国主義的観念の中東構図から書かれたように感じられます。
    私はトランプ大統領のツィートがロシアやイランを挑発し、中東情勢が一気に不安定化する危険を孕む、とは言い難いのではないかと考えます。 ー主任研究員IK−

     

     

    各種お問い合わせはこちらから

    http://www.mepf.jp/contact/index.html

     

    Ziv Medical Centerの支援はこちらから

    http://www.mepf.jp/donation/index.html

     

     

    コメント
    コメントする