第7回年次総会

2013.03.29 Friday

0

     第7回年次総会

    ようやく、2012年度の事業活動の報告をすることが出来るようになりました。
    会員様の日ごろの協助の賜物と思い、
    スタッフ一同感謝の気持ちで一杯であります。

    さて、2012年度においては、「東日本大震災」による
    多くの国々からの支援を頂き日本国中で、「ありがとう」の
    気持ちと「絆」の大切さを間近に感じた年でもありました。
    その思いを世界に向けて「日本からありがとう」を伝えようと言うことで、学生らの企画の中で「Thanks from JAPAN」のプロジェクトで何カ国か回りながら、日本の文化紹介を披露することになった。
    それは、古事記編纂1300年と重なり日本の文化紹介のきっかけとなりました。
    当会においては、イスラエルで行われる「KOJIKI 1300 in Israel」のプロジェクトに支援をさせて頂きました。
    現地のスタッフにも協力をお願いし成功に導かせていただきました。
    これを機に日本茶の紹介と浮世絵をモチーフにしたグッツ販売を通して、交流を深めることが出来ました。
    しかし、残念なことにパレスチナとの砲弾の応酬による緊張の日々を送ることになりました。
    スタッフの居住しているエルサレムにも、砲弾が飛来してきました。最悪の事態を免れるため一時トルコへ移動し情勢を伺って下りましたが、事態が収まる気配がないまま帰国することになりました。

    このような事が起こる度に、平和への思いを強く感じながら2013年度を迎えることになりました。
    今年度も、益々会員様にとりましても、是非今までどおり
    ご協力を頂くことになりますので、よろしくお願いいたします。

    日時:2013年3月24日 13時から
    場所:中州コミュニティルームにて
    議題:
    一、2012年度事業報告

    収入の部 3,719,850円

    支出の部 2,461,494円

    繰越    258,356円
    二、2013年度事業計画

    海外支援事業の一環として、中東連絡協議会を開催し中東を拠点とする代表者と車座会議を軸としながら、中東和平に向けた活動に貢献する。
    三、海外支援活動による提案と要望

    政治的情勢に左右されてしまう活動ではあるが、情勢を考慮にしながらその時期を見極めて執り行うこととする。

    四、今後の運営に対する提案と要望

    今まで通り役員による運営で全員異議なく承認した。


    理事:宮澤歳之

    コメント
    コメントする